Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://k0t0ram2.blog69.fc2.com/tb.php/2882-cfe0fec2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

肛門腺絞り初体験

8月18日夕方、ことらがティッシュペーパーを誤食するという事件が起き、以来、紙の排泄を確認する目的で便をよくよく確認するため、ことらが排便すると、砂をかけられないように便にスコップをかぶせることにしていた。

27日、ことらは、緩めの便の切れが悪い様子で、一生懸命きばっていた。
便の排出は終わっているのだが、肛門が気持ち悪いのだろう、うーん、うーんときばっていた。
その便を見たら、なんと血が混じっている。
ことらの肛門にも、血が滲んでいた。
少量だが鮮血だった。
出血は直ぐに止まったので、踏ん張り過ぎて出血が起きたのだろうかと軽く考えようとした。

ふと、肛門腺は健康だろうか?と思いついて、肛門腺があるであろう辺りに触れたところ、袋状のものの存在を触知した。
これは…触知しても構わないものなのか?
またまた獣医さんにメール連絡し、木曜日は休診日にも関わらず、特別に診て頂けることになった。

28日、診察してもらうと、右の肛門腺に貯留しているものがあるとわかった。
先生が絞ると、出るわ出るわ、泥のようなものが10mlくらい出たと思う。
臭いという噂を聞いていたので、恐れていたのだが、意外に悪臭は無かった。
先生方も、臭いは薄い方だと仰ったので、ことらのは余り臭いが強くないのかもしれない。
私は、左側に袋状のものを触知したのだが、こちらは健全な状態だったようで、透明な液体が少し滲んだだけだった。
幸い、炎症には至っていなかったようで、絞られる時もことらは無抵抗だった。最後の方になって、少し不満そうに鳴いていたが、鳴くだけで動かなかった。

以後、毎日のように、肛門腺を観察するため、肛門周囲に触れるのだが、少し迷惑そうにするだけで、特に嫌がることは無い。
28日の診察時、自宅でも私がよく観察しておきます、と言った時、あんまり触って、触られるのを嫌がられるようになっては困ると獣医さんに言われたのだが、ことらには、その心配は無用のようだ。
触っても嫌がらないのだと獣医さんに説明した時、目を丸くして驚いてらしたから、他の猫だと嫌がるのが普通なのかもしれない。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://k0t0ram2.blog69.fc2.com/tb.php/2882-cfe0fec2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

月別アーカイブ

*現在、某SNSからの移設作業中です。SNSで公開していた分をBlog向けに編集し直しています。編集が済んだものから順次公開しているので、2009年11月以前に長いブランクがあるように見えている次第です。

「ことら通信」について

ことら(2006年10月生♂玉無)に纏わる諸々を綴っています。ことらとは無関係な話題は【番外編】としています。

kotorama

Author:kotorama
2006年10月22日より、ことらの乳母を務めています。
ことら百景
kotoramaの携帯百景
YouTube-kotorama
twilog@kotorama

ことら通信で対象読者として想定しているのは、未来の私自身であります。書き残しておいて良かった、と思うであろうことを、書くのが目的です。公開することで、一猫の記録として、どなたかのお役に立つ点があれば幸いと願っていますが、便宜的にブログの形式を取っているだけで、自分以外の読者の存在はほとんど考慮していないのが実情です。 例えば、記事を公開した後、随時加筆修正を行っていますが、修正についての報告等はしていません。折角お出で下さる読者の方々には不躾な点が多々あるかと思いますが、どうか悪しからずご了承下さいませ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。