Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティブ

数年振りに、私は風邪をひいてしまい、ここ数日布団を敷きっぱなしにして寝てばかりいる。
ことらは、終日、私の腕を枕にできるのでご満悦だ。
しかし、狭い部屋に布団が敷きっぱなしなので、跳んだり走ったりの運動をするには不自由を感じていたのかもしれない。
そして、我慢の限界を迎えたか、私の寝ている布団の上を猛スピードで駆け抜けたり、キャットタワーから布団の上に飛び降りてきたりし始めた。ことらが布団の存在にお構い無しに暴れるなんて、普段なら無いことだ。
床にしゃがんで通路を塞いでいた私の身体を、後方から見事に飛び越えたりもした。
ことらが活発だと、とても嬉しい。
スポンサーサイト

踏み台

通路を塞いで作業していたら、ことらが通過しようとして、私の背中を踏み台にして越えて行った。
私の身体が通路を一杯に塞いでいたので、そこを通過したかったことらは、一旦私の肩に飛び乗って、反対側へ飛び降りて通過しただけだが、ことらが人間の身体を家具のように使うのは滅多に無いことで、今回で2回目か3回目。

点眼薬

先日、ことらに点眼薬が処方されて、早速その夜点眼してみた。
案の定、ことらにはなんでもないことのようで、無抵抗であっさり点眼されて、目に何か液体を入れられたな…という以外の感慨は何も無い様子だった。

うちの父ちゃんは、点眼が大の苦手で、点眼薬を差すのには大変な苦労をする。
私が差してやろうとしようものなら、拷問でも受けるかのように嫌がって抵抗する。
私としても、本人が自分でできないと言うから仕方無く代わりに点眼してやろうとしているのに、目を力一杯ギュッと閉じられて、それをこじ開けるようにして点眼するなんて、気分のいいことではない。

ことらが点眼される様子を見ていた父ちゃんは、大いに驚いて、その後少し凹んでいた。
曰く、ことらが簡単にこなすことが、中年オヤジの自分にはできないなんて……とのこと。

留守番の後

週に1、2度だが、私が長時間外出する日がある。
ことらは、父ちゃんと家で留守番する日だ。
ことらをひとりで家に残すことは避けているので、ひとりぼっちで留守番するわけではないのだ。
なのに、私が帰宅すると、ことらは私につきまとって、家中を一緒に移動する。
私が玄関方向に向かおうものなら、なにやら小さく鳴きながら、小走りで、足下に絡まり付くようにして付いてくる。
ぴったり張り付いて見張っていないと、また出かけてしまうかもしれない…と警戒しているように見える。

こういう時は、私がシャワーを浴びに浴室に入れば、浴室の扉の前で張り込んで、出るのを待つ。
昨夜は一緒に浴室に入らんばかりの勢いで、扉を閉めて外に閉め出すのが、ちょっと大変だった。
でも、一緒にシャワーを浴びるのは嫌だったようで、私がシャワーヘッドを手に取ると、浴室から出て行ったけれど。

2分で戻る

階下の郵便受けを確認しに玄関を出た…だけなのだが。

コートを羽織っただけで、私が外出すると悟ったことらが動揺する。
足下にまとわりついて、不安げに私を見上げて鳴く。
玄関まで一緒に来ようとするのを押しとどめて、仕切りのドアの内側に留めた。
靴を履いたら、早くも鳴き叫び始めてしまった。
「2分以内に戻るよ」と言い置いて出かけ、1分ほどで戻ってきた。

今度は嬉しそうに足下にまとわりついて離れない。
私の移動速度に合わせて、小走りについてくる。
なにかの遊びみたいで楽しくなって、わざと早く歩いたり、止まったりすると、ことらも興奮して尻尾を膨らませてついて来た。

落ち着いてもらうために、床に座り、脚の間にたい焼きママを置いて吸わせる。
ひとしきり吸ったら、ようやく落ち着いて、昼寝場所を探しに去って行った。

反撃

たまに、だが、ことらが悪さをすることがある。
大概は、食べ物の存在に惹かれて、台所の調理台にこっそり乗ったり、収納場所を傷めようとしたり、その程度のことだ。
台所の調理台は、火、刃物など、ことらにとっての危険物が複数あるので、見つけ次第、強く叱責することにしている。

叱られるのは嫌なようで、調理台の上のことらを発見した私が近づいて行くだけで慌てて床に飛び降りて、その場で小さくなる。
強い口調でガミガミ言うと、もっと小さくなって目をしばしばさせる。
言うだけでは効果が無さそうな時は、おでこや尻にしっぺしたり、顔の前で両手を叩き合わせて大きな音を立てたりする。

効果があるのか無いのか、反応がハッキリしなくて、長々と叱っていると、反撃してくることがある。
目の前で叩き合わされる手に噛み付いたり、前足で叩いたり。
そんな風に、ちょっと小さな喧嘩のようになることもある。

日帰りドライブ

三浦半島に日帰りドライブ。

三崎でマグロの中華まん、マグロの串カツを食べた。

立石公園で夕日鑑賞。

渋滞が物凄かった。
が、車の速度が遅いのが、ことらには心地よかったようだった。

昼過ぎまで、日差しの強い時間帯は、暑かったようで機嫌が悪く鳴き叫んでいたが、暑さが感じられなくなるとほとんど鳴かず、私の膝でぐっすり眠ることも複数回あった。

バッグで車外に連れ出しても、鳴き騒ぐことはなかった。概して落ち着いていて、バッグ内で横倒しに寝転がって、時々顔を出したり、ことらなりに観光していた。

ササミの量を、一食当たり20グラムに増やしたのも、満腹感が長続きして、機嫌に影響したかもしれない。

Appendix

月別アーカイブ

*現在、某SNSからの移設作業中です。SNSで公開していた分をBlog向けに編集し直しています。編集が済んだものから順次公開しているので、2009年11月以前に長いブランクがあるように見えている次第です。

「ことら通信」について

ことら(2006年10月生♂玉無)に纏わる諸々を綴っています。ことらとは無関係な話題は【番外編】としています。

kotorama

Author:kotorama
2006年10月22日より、ことらの乳母を務めています。
ことら百景
kotoramaの携帯百景
YouTube-kotorama
twilog@kotorama

ことら通信で対象読者として想定しているのは、未来の私自身であります。書き残しておいて良かった、と思うであろうことを、書くのが目的です。公開することで、一猫の記録として、どなたかのお役に立つ点があれば幸いと願っていますが、便宜的にブログの形式を取っているだけで、自分以外の読者の存在はほとんど考慮していないのが実情です。 例えば、記事を公開した後、随時加筆修正を行っていますが、修正についての報告等はしていません。折角お出で下さる読者の方々には不躾な点が多々あるかと思いますが、どうか悪しからずご了承下さいませ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。